まるまる宣言!

マイナス思考をやめたい!宣言すると変われるかも!

歌ってはいけない音楽の授業。

f:id:maru_change:20200713221930p:plain

 

緊急事態宣言が解除され、学校が再開されてからの音楽科の授業では、

新型コロナウィルス対策として、

 

・歌わない

・リコーダーの演奏をしない

・鍵盤ハーモニカの演奏をしない

 

 ※ざっくり書いています。

 

というルールがありました。

 

 

何も出来ないじゃん!?

 

 

という疑問と不満の高まる中、

歌わなくても楽しい音楽の授業を試行錯誤してまいりました。

 

そんな授業にも慣れ、音楽科の授業の可能性を見出し始めた6月でしたが、

 

ステップ2、ステップ3と緩和され、

7月からは

 

・気をつければ少しくらい歌っても良い

・気をつければ少しくらい吹いても良い

 

 ※ざっくり書いています。

 

というルールに変わりました。

 

とはいえ、私もすっかり潔癖な授業に慣れてしまったので、すぐには大声で歌わせる気にはなれず、囁く程度にさせています。

 

 

しかし。。。 

 

 

コロナウィルスと言えば『飛沫感染』が一般的とされていますから、マスクをして消毒をして濃厚接触を避ければ、一応は『感染対策』として認められていましたが、

 

先日、WHOが『空気感染』の可能性もあると発表しましたね。

 

 

 

……もう、逃げようがないじゃないですか😱

 

音楽の授業で歌ったら唾が飛ぶ、とかそういうレベルの話では無くなるんですよね?

 

 マスクは息を通しますから、もう小さい声でも歌えないし、発言できないし、まさか呼吸も許されないのでは!?

 

 

音楽の授業であまり歌わなくなったお陰で、歌が苦手だった子も

 

「音楽の授業が楽しくなった」

 

と言っています。

 

音楽の授業は歌やリコーダーや鍵盤ハーモニカだけではないですから、リズム学習や鑑賞で楽しい学習はできます。

 

でも、『空気感染」なんて言われちゃったら、もうお手上げです😂

 

というか、これはもう音楽科だけの話ではないでしょう💧

 

 

 

発令します!

 

 

 

本当に空気感染するならもう逃げられない宣言!

 

 

 

初めてマイナス宣言をしてしまいました。

しかしこれは、何もできない私に向けた宣言です。

 

あれこれ考えずにやるっきゃない、という宣言です!

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

外出してから家の鍵をかけたか不安になってももう大丈夫!スマホ連動インターホン!

f:id:maru_change:20200711223605p:plain

 

家を新築して、もうすぐ1年が経ちます。

 

今更ながら、我が家のインターホンがスマホと連動できることを思い出し、設定いたしました。

 

今その機能に驚いています。

 

 

〜ハイライト的もくじ〜

 

 

 

 

パナソニックの『テレビドアホン』

 

↓こちらです。

 

普通のインターホンよりも10万円近く高くなったのを覚えているのですが、楽天で商品だけを買うとこんなに安く買えるんですね。

 

施工にお金がかかったのかな?

 

なんか納得いかない。。

 

 

こんな人にオススメ

 

うちは共働きで朝も早い職業なので、子ども達が保育園まではOKだとしても、小学校に上がったら確実に鍵っ子になります。

 

「女の子はしっかりしてるけど、男の子は心配よね。」

 

と先輩ママからよく話を聞くので、

 

自分が先に出かけても、子どもが施錠したか確認できる機能があるといいな

 

と思い、設計士さんに相談しました。

 

そこで紹介されたのが、こちらの商品です。

 

今はまだ開発されたばかりで値段が高いけれど、これからはこの機能付きのインターホンが当たり前の時代になるんだろうなと思い、即決しました。

 

まだ保育園に通っているので子どもの施錠は始まっていませんが、

今すでに役立っています。

 

性格かもしれませんが、私は家を出てしばらくすると、鍵を閉めたか心配になります。

 

毎回、鍵をしてから「ガチャガチャ」と確認までしているのですが、その「ガチャガチャ」という作業ですら無意識に行なっているので、覚えていないのです。

 

と、いうことは絶対に閉めているのだと思うのですが、やっぱり不安になるんです。

 

駅まで行ってから確認しに戻ったこともあります。

 

でも遅刻ギリギリの日は戻るわけにはいかないし。

 

戻ったところで毎回しっかり施錠されているのですが。

 

でもでも一度、鍵してなかったこともありました💦

 

もんもんもん…。

 

 

ですから、

家を出てから、ちゃんと施錠できているか不安を取り除きたい

 

という人にもオススメです!

 

 

 こんな機能

 

スマホと連動するアプリをインストールして、設定するまでは普通のインターホンです。

 

車のキーのように、「ピッ」とハンズフリーのセンサーで鍵の開け閉めができます。

 

 

 

我が家は3階建ですが、2階にリビングがあるのでそこにモニターをつけています。

 

ピンポンが鳴ったら2階のモニターで確認してその場でボタンを押せば、マンションのインターホンのように1階にある玄関の鍵が開きます。

 

買い物から帰ってきて、両手の荷物で鍵を閉められなかったら、2階の冷蔵庫に荷物を入れた後に下まで戻らずに2階で鍵を閉められます。

 

家族が鍵をかけずに家を出た時、モニターに『解錠』と赤い文字が出るので、私が代わりに下まで行かずとも、2階で施錠できます。

 

 

 

 また我が家は3階に寝室があるので、そこに子機を置いています。

 

子機にも小さなモニターがついており、2階の大きなモニターと会話できます。

 

「ご飯だよー!」

と呼べます。

 

だいたいスマホで呼ぶか、大声で呼べば十分なので使用したことは1度しかありませんが😅

 

 

外出中に解錠・施錠が確認できる

上記の通り、このインターホンの一番のウリである機能です。

 

外出中にスマホを見て、『施錠中』という文字を確認すると安心します。

 

『解錠中』と記されていたら、外からでも施錠することができます。

慌てて帰る必要はありません。

 

 

外出中に来客対応ができる

ピンポンが鳴ったら外出先からスマホで対応できます。

 

例えば、自分の帰宅前に親が来た時、外で待ってもらうのも悪いので、スマホから遠隔で解錠して、先に入ってもらうことができます。

(親までかな。友人を先に通すのは私の中ではアウト😅)

 

 また、先に帰った家族が鍵を忘れて家に入れない場合など、開けてあげることも可能です。

 

なんとなく

 

「誤作動で勝手に解錠されちゃったらどうしよう」

 

という心配がありましたが、

『解錠』に関しては着信時(ピンポンが鳴った時)にしか操作できないそうなので、安心できます。

 

 

スマホから通話ができる

我が家は引っ越してから、固定電話を持たないことに決めました。

 

今までは一応、子どもの保育園などのためにと思って名刺がわりに固定電話を持ち続けていましたが、結局は保育園の連絡先にも私の携帯電話の番号を書いていますし、不要ということがわかりました。

 

でも万が一、止むを得ず携帯電話を所持しない息子に留守番させる時が来たら、外出先から家に電話できたらいいな、と考えたことがあります。

 

ですから、この機能はその万が一に使えるかなと思っています。

 

それ以外には今のところ使い道が思いつきません。笑

 

 

他の家のモニターと会話できる

同じ機種を使っている家のモニターと会話できるそうですが、

まぁ、携帯電話で十分ですね。笑

 

お隣におばあちゃんが住んでいて、

同じ機種のインターホンを使っていたら、もしかしたら便利かもしれないですね。

 

 

防犯カメラとして家の前の様子が見られる

 

 スマホでそのまま、インターホンのカメラに映ったものを見ることができます。

ライブ中継です。

 

先日は電車に乗った後に

 

「今日ゴミの日だった!」

 

と思い出し、この中継を見たところ、ちょうどゴミ収集車が通過するところを目撃しました。

 

まぁ、目撃したところで、という話ですが。笑

 

 

 

あと、家の中でこの中継を見ることもありました。

夜中、寝る前のパトロールです。

(滅多にしませんよ!そんな盗撮めいたこと!)

 

最近よく玄関の前にタバコの灰が落ちているので、

 

「誰かうちの前で雨宿りしながら吸っているな?」

 

と睨んでいたところ、スマホを見たらなんと夫が映り、タバコを吸い始めました。

 

 すぐに3階から1階まで走り降り、現行犯逮捕です。

 

「禁煙したって言ったじゃん!!」

 

私情を挟んですみません。笑

 

 

色々書きましたが、オススメです。

なんでもかんでもスマホ連動の時代です。

 

頼りすぎも危険ですから、しっかり使い方を心得て、快適に生活していきたいですね!

 

 

 

発令します!

 

 

 

苦手意識を克服して便利に生きよう宣言!

 

 

 

私は少し前までアナログ人間だったのですが、少しずつ克服してきています。

 

 

 

↓ランキングに参加しています。応援お願いいたします! 

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

コロナ渦にバイキングで食事。ドキドキしている件。

f:id:maru_change:20200711230711p:plain

 

コロナ感染者が東京都だけで3日連続200人を超えているというのに、

 

今日、バイキングスタイルのお店でご飯を食べてしまいました。

 

緊急事態宣言も解除され、ステップ3に進んでいます。

いけないことではないですし、バイキングスタイルのお店に対して失礼な言い方だとは思いますが、

 

なんかドキドキしています。

 

私は緊急事態宣言後も、仕事と保育園の往復と最低限の買い物以外、本当に我慢してきたつもりです。

 

でも今日は久しぶりに子どもを連れて電車に乗り、少し遠出をしてしまいました。

 

そして、せっかくだからとその駅にあるお店で食事をすることになり、しかも、バイキングスタイルだったという話です。

 

 

ドキドキしています。

 

 

お店は本当に気をつけてくださっていました。

 

 

テーブルの間隔や料理を取りに並ぶ時の間隔を開けるよう指示するのは当たり前。

 

お客は料理を取りに並ぶ度に消毒をし、手袋をはめるのですが、その手袋は毎回捨てるのです。

 

我が家のように大食いがたくさんいる家庭は何往復もしますので、何枚捨てたかわかりません。

 

お客をたくさん入れられない上、コストがかかっているだろうなぁと心配してしまいました。

(環境問題も少々気になりますが、今は追及しません。)

 

店員さんはあちこちに立ち、消毒セットを持って構えていました。

 

私と夫が交互に料理を取りに行くのですが、息子達も様子が見たくて何度もついてこようとしました。

 

その度に

 

「マスクしてない人は立ち歩いちゃダメ!」 

 

と注意していたので、ふてくされていました。

 

食事の終盤、夫がうっかりマスクをしないで料理を取りに向かったので、長男がすかさず

 

「パパ、マスクしないで歩いてる!」

 

と大声で注意したので、

周りのお客さんや店員さんが全員こちらを見ました。

 

まるで犯人を見るような目でした。

↑被害妄想ですね。笑

 

 

とにかく。

 

 

今日ドキドキしている理由は何か。

 

 

バイキングでコロナに感染するかもと恐れているのか。

 

 

周りの人だって心配していると思います。

別に誰がコロナかと疑っているわけでもないし、私も潜在中かもしれないし。

 

マスクをしているということは人が人を疑っているということで、

 

手袋をして料理を取るということは自分の病気をうつさないよう注意しているということで。

 

そんな危険の最中、営業している店、食べに行く客。

 

まるで『ウィンクキラー』だか『人狼』のゲームをしているよう。

 

 

ドキドキしています。

 

 

ゲームのようにスリルを楽しんでいるわけではないです。

 

 

本当にドキドキしています。

 

 

私のような小心者はやっぱり、しばらく外食を控えよう。

 

 

発令します!

 

 

イレギュラーな接触があった日は、その後2週間ドキドキ宣言!

 

 

 

神様、私たちを普通の人間に戻してください!

 

 

まるまる宣言! - にほんブログ村

 

↓ランキングに参加しています。応援お願いいたします! 

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

嫌いだけど大好きなあなたへ。

今週のお題「納豆」

 

f:id:maru_change:20200710230542p:plain

 

 

私は『納豆』という言葉を聞くだけで眉間にシワが寄ってしまうほど、納豆が嫌いです。

 

冒頭にはどう考えても納豆のイラストを載せるべきでしたが、やっぱりどうしてもあの色と形のイラストから臭いがしてきそうで、載せられませんでした。

 

タイトルにも臭いがつきそうなのでぼかしています。

 

 

大学生の頃、ゼミの教授が

「納豆がダイエットにいいんだよ。みんな食べなさい。」

と推奨していたので、私一人、困っていました。

 

しかし後に

『納豆がダイエットに効くという情報はデマ』

というニュースが流れ、私は一人、大喜びしました。

 

教授がしばらく大人しくなりました。笑

 

 

納豆さん、

毛嫌いしてごめんなさい。

 

 

 

でも、昔ほど嫌いじゃないんですよ。

 

 

まだ口には運べないけれど。

 

 

前まで納豆を食べた夫のお茶碗だけは自分で洗い流すようにしてもらっていましたが、

 

今は私がちゃんと片付けています。

 

人が食べてる分には臭いも気にならなくなりました。

 

 

むしろ、冷蔵庫に納豆のストックがあると安心したり、

コロナの影響で納豆が出回らなくなった時は、納豆を恋しく思うほどに。

 

 

私は食べないけれど。

 

 

そうです。

 

 

納豆は子育て中の神食だからー!

 

 

だからー!

 

からー!

 

らー!

 

あ!

 

ぁ!

 

 

 

長男が離乳食の頃に納豆の存在を知りました。

 

大人の食事とは別に用意するのが面倒臭く、

炭水化物とタンパク質と野菜をそろえるのに苦労していました。

 

仕事で帰りが遅くなった日には、

大人はカップラーメンで許してもらっていましたが、

まさかカップラーメンをすりおろして0歳の息子に食べさせるわけにもいかず。

 

そこで、神食、納豆の登場。

 

冷凍していたお粥に納豆を刻んで出来上がり!

 

 離乳食を離れた今でも、次男が肉や魚をイヤイヤする時には、『とりあえず納豆ご飯』をあげています。

 

お寿司屋さんに行っても、

子ども達にはエビと玉子と納豆巻きがフルコースです。

 

生協の宅配でも、納豆を定期購入にしています。

 

『納豆はもともと腐っているので賞味期限が結構過ぎてもアリ』

 

というルールが先日、私と夫の間で閣議決定しました。

 

 

 

感謝しています、納豆様。

 

 

 

発令します!

 

 

いつか食べますNATTOU宣言!

 

 

 

 

 

↓ランキングに参加しています。応援お願いいたします! 

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

 

2週間前に何が起きた?

f:id:maru_change:20200709232004p:plain

 

短い記事です。

 

ついに、東京都の感染者数が224人という過去最多記録を出してしまいました。

 

7月2日から6日連続で100人を上回っていたので、徐々に来そうだとは思っていましたが、まさか1日で倍以上に跳ね上がるとは想像していませんでした。

 

緊急事態宣言中より人が密になった状態でこの人数って…。

 

緊急事態宣言や東京アラートが解除され、お店やイベントなど色んなものが解禁されていますが、私は仕事と保育園以外できるだけ自粛しています。

 

私の周りの人も、みなさん控え目に生活していると聞きます。

 

 

でも、テレビを見ていると随分多くの方が出歩いているようですね。

 

 

今日の感染者数は2週間前の結果です。

 

徐々に増えているなら、徐々に解禁している自粛規制が要因だと考えられますが、1日で倍以上に跳ね上がっている数字を見ると、2週間前のある1日に何か特別な何かが起きたのではないかと変に勘ぐってしまいます。

 

ぴったり2週間前とは言い切れないと思いますが。

 

 

2週間前に何があったのでしょうか。。。

 

 

それとも検査をたくさんしてみたらこんな数字になった?

 

例えば私はPCR検査をしたことがありませんが、健康診断のように日本国民が全員検査してみたら、陽性者が何百人、何千人といたりして…。

 

 

発令します。

 

 

勘ぐっても無駄。気をつけるしかない宣言。

 

 

今日のこの人数は恐怖ですが、自分はこんなに気をつけてるのに!と苛立っている方も少なくないと思います。

 

まるまる宣言! - にほんブログ村

 

↓ランキングに参加しています。応援お願いいたします! 

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

冷房をつけたまま寝てもいいの?

f:id:maru_change:20200708232650p:plain

 

家族と体感温度が違って困っています。

 

私は子どもの頃から寒がりですが、夫は暑がり。

 

息子二人も暑がりで、

我が家はすっかり3対1の構図が出来上がっています。

 

夫と1対1の頃は、

 

「そっちが体感温度おかしいんだよ。節電!」

 

と言い張り、私がエアコンの主導権を握っていましたが、

今や夫が息子たちを盾に猛威をふるっております。

 

就寝時は確かに寝苦しいので冷房をつけますが、

夜通しつけっぱなしにするのには抵抗があるため、

タイマーをかけたり、

他の家族が寝静まった後に私が切ったりしています。

 

しかし、夜中に夫が起きて

 

「殺す気か!」

 

と怒鳴るのでまた冷房をオンにします。

 

息子たちが布団を剥いでお腹を出しながら寝ているので風邪をひかないか心配なのですが、それを夫に言うと、

 

「暑いから布団を剥いでるんだよ。冷房をつけて寒くなったら自分から布団にもぐるよ。」

 

と返されます。

 

えぇ?それって矛盾してないですか?

布団かけさせるために冷房つけるのっておかしくないですか?

 

そして夫もちゃっかり布団を被ってるんです。

 

そして息子たちは寒くても一度剥いだ布団を自分から被ることはなく、冷え切っています。

 

こらこら。

そして私が冷房を切ると、また夫に怒られる。

 

うーん。

 

 

。。。

 

 

ここのところ日本の夏は猛暑が当然のように続き、

熱中症を懸念してあちこちから

 

「エアコンをつけましょう」

 

と注意喚起の声が聞こえてきます。

 

最近ではエアコンの入切を頻繁にするのではなく、

つけっぱなしにする方が節電にもなると言われています。

 

子どもの頃から親に、水の出しっ放し・電気のつけっぱなしについて厳しく注意されてきた私としては、罪悪感でいっぱいの行為です。

 

 

電気代の心配だけではなく、

夜エアコンをつけっぱなしにすると体に良くないというイメージもあります。

 

夜中暑くても、朝方は冷えるからです。

 

窓の開けっ放しや扇風機のつけっぱなしにより、人が亡くなったニュースを以前に聞いたことがあります。

 

そのニュースを聞いた時に、

「エアコンつけっぱなしの方がましなんだよ」

と言う情報も耳にしたのですが、私はいまいち納得していません。

 

この件については夫ともなんども話し合いましたが、何年も折り合いがつきませんでした。

 

しかし、やっとお互いに納得のいく方法を知りました。

 

エアコンのモードを『冷房』にするのではなく、『自動』にすることです。

 

エアコンの機種によっても違うと思いますが、

うちのエアコンは『自動」にすると設定温度に達した時にオフとなり、また設定温度より上がったら『冷房』がつき、もしも設定温度より下がったら『暖房』に切り替わるそうです。

 

「『暖房』になるのは嫌だなぁ」

とか

「本当にオフになるのかな?」

とか

色々疑問もありますが、夜中に子ども達の前で喧嘩もしたくないので、とりあえずはこれでいきたいと思います。

 

 

 

 

発令します!

 

 

節電も大事、体も大事、宣言!

 

 

 

まるまる宣言! - にほんブログ村

 

↓ランキングに参加しています。応援お願いいたします! 

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

勉強の適齢期はいつ?

f:id:maru_change:20200707232254p:plain

 

 

共働きが増え、少子化が進んでいますが、

その分、親が子どもにかける教育の意識も年々高まっているように思います。

 

 

 私も長男を出産する前は、

 

「胎教しなきゃ。」

「喋らないうちから英語を聴かせて…」

「幼い頃から英才教育!」

 

なんて、頭の中では計画を立てていました。

 

 

が、妊娠中すでに断念。

 

 

「胎教なんてまやかし。」

 

そして子どもが生まれてからは、

 

「喋れないうちに英語を聴かせていたら日本語が喋れなくなる。」

 

仕事が忙しく、幼稚園ではなく保育園を選択した時点では、

 

「幼いうちは泥んこ遊びが一番だ!」

 

と、自分の都合の良い方向に教育理念を変えていました😅

 

 

 

でも時々、ママ友が子どもを習い事に通わせている話を聞くと、すごく焦ります。

 

 

こんなはずじゃなかった。

幼児教育には力を入れたかったのにな。

 

 

長男(もうすぐ)5歳、次男(もうすぐ)3歳は、もう手遅れなのでしょうか。

 

 

そんなことはないと思います。

 

本人がやりたいと思った時が勉強の適齢期だと思うんです。

 

我が家も今まで全く何もしていなかったわけではなく、

『こどもチャレンジ』

『英語教室』

を短期間ですが経験しています。

 

どれも楽しんではいたのですが、集中して取り組むことはなく、意味のある学習になっていないと感じました。

 

市販のワークなども買ってみましたが、続きませんでした。

 

私から声をかけてやる形だったからだと思います。

いわば嫌々やらされている状態。

 

それに気づいてからは声をかけるのをやめました。

 

すると最近、長男が急に勉強がしたいと言い出したのです。

お友達みたいに上手に字が書けるようになりたい、と。

 

そこで、前から気になっていた『KUMON』の体験に行くことにしました。

 

息子は大喜びで、保育園のお友達や先生方に自慢したそうです。

 

次男も通わせようかと思ったのですが、敢えてやめました。

そのかわり体験には次男も連れて行き、長男の勉強する様子を見学させました。

 

自分から

「やりたい」

と言い出すのを待つ作戦です😘

 

 

体験で、先生にこんなことを言われました。

 

「上の子は下の子にいつも邪魔されるから伸びにくい。」

「下の子は上の子を見てるから伸びやすい。」

 

 そういえば、長男は前から勉強したいと言っている割に、勉強をしてもすぐに集中を切らして遊んでいました。

 

これは、次男が近くで遊んでいるから気を散らしてしまっていたのですね。

 

次男は要領がよく、同じ学年の子と比べたらお喋りも読むのも得意です。

 

上の子の勉強できる環境づくりが必要です。

 

お教室に通わせるのは良い選択肢だったかもしれません。

 

正式に入会しようと思います。

 

 

。。。

 

と、短い間に紆余曲折しましたが、我が家は息子が「やりたい」と言い出したので勉強を始めましたが、幼い頃から勉強することが必ずしも正しいとは思っていません。

 

心の優しい子になってくれるのが一番だと思っています。

 

勉強はいつでも始められるし、その気になればスパルタで教え込むこともできます。

(スパルタは嫌だ…。)

 

でも、心は、幼い頃の親の接し方が大きく影響すると思います。

 

心の教育を大切にしたいですね。

 

そして、息子だけでなく、私だって勉強したい!

 

 

発令します!

 

 

やりたいときが、勉強適齢期!宣言!

 

 

 

私の勉強適齢期はまだまだ続きます😋

 

 

 

まるまる宣言! - にほんブログ村

 

↓ランキングに参加しています。応援お願いいたします! 

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村


人気ブログランキング